Life Technology Reserch Institute,INC.

 融合細胞ワクチン療法

 
3.融合細胞ワクチン療法(大野・キーフ法)応用プロジェクト

生化学、分子生物学、遺伝学、発生学等のいわゆる基礎医学と臨床医学の融合によって、最先端医学が実用化されてきました。
その実用化例として、大野典也先生(東京慈恵会医科大学名誉教授)がハーバード大学ダナファーバー癌研究所において、ドナルド・キーフ教授の研究グループと共同研究、さらには日本での臨床研究を行った「大野ーキーフ法」を支援しております。

03-01

現在、アクティクリニック(http://www.actti.jp)において、患者様ご自身の免疫力で悪性腫瘍の治癒を目指しております。